« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

寒い日には・・・

Img_0924

シバレた窓越しから朝日が上がってくる様子を

こんな寒い日Photo_3 には体の中から

温まりたいものです

Img_6279 

市電西線14駅近くにある「ら~めん醤家」へ

外のの音店の中ではジャズが流れPhoto

らーめんとジャズPhoto_2これもありかな~

Img_6283 

お店ではトンコツスープ

(豚ゲンコツと背骨のトンコツ100%)

鶏ガラスープ

(国産のトリだけで採ったあっさりスープ)

あっさり系が好きな私達はもちろん

とりがら醤油お・い・し・い~

麺はちぢれ麺でチョット太いかな・・・

臭みがなく後味あっさり麺との相性

※スープの飲みすぎに注意しましょう

こんな日は☃

天気予報どおり朝カーテンを開けると

ベランダには、Photo_3 Photo_4 Photo_5

Img_6332

が積もっていました

Img_6329

プランターのミニばらRose03gif の上のも

先月26日以来のとなったこんな日は

家でゆっくりおPhoto しましょう

Img_6338

シナモンジンジャーティー

クラムアップルケーキ(YAKATA)

Photo_2 にもシナモンがサンドされていて香りもいい~

シナモンにはお肌のすぐ下にある血の

めぐりを良くして、輝く肌へ・・・

また、体をあたため風邪の諸症状等にも

効果があるあるとか

これからの季節風邪をひき易くなる私には

ジンジャー・シナモンは欠かせないかもPhoto_3

巨大さつま芋

こ、こんな大きなさつま芋

Pen1_41 たことありません

Img_6320

この写真では大きさが伝わらないので・・・

Img_6322

タバコの箱を横に立ててみました

高さは8.8cmのタバコより高く

横巾は、タバコの2.5倍くらいあるさつま芋

習い事の学校の先生のお父様が(山口県在住)

丹精込めて育てた巨大さつま芋

いただきましたありがとうございますPhoto_2

さてさて、どのように調理Photo_3 しましょうか

大学イモ・天ぷら・サラダ・お味噌汁の具・・・

主人がどういう訳か、干し芋が好物なので

妻としてはこんな立派なお芋を頂いたので

干し芋を作ってみたくなりました

作るタイミングがあるそうで、寒い季節これは◎

の日が三日間以上続くときに、蒸して切った

イモを屋外で干す事

三日がこれからは、難しいかも~

Img_6325

Pen1_23おまけの写真Photo 

小樽 出世前広場

出世前広場は明治から昭和の街並みを

表現されています

Img_6191_2 

明治時代の古材を利用して建てられて

小樽に移築される前は

長沼町マオイ地区酪農組合会館として

使用されていたそうです

Img_6187_2 

食事処「惣吉」でランチを頂くことに

Img_6179

「惣吉」一押し たちかま善

Img_6181 

スケソウダラ・マダラの白子を塩だけで固めた

かまぼこを天ぷらに

私には塩ききすぎでしたが、お酒の量が

進みそうな おつまみかも・・・

Img_6178 

ほっけすり身定食

こちらの方があっさりしていて美味しいで~す

夏場観光料金と冬場料金があり

今時季はお安い料金で頂けます

Img_6172 

昔は大量のを入れた魚籠が今では

インテリアとなり天井に・・・

梁や柱は太くどっしりとしていて

昔の風情をたもっています

BGMCd は昭和4・50代の曲Photo が流れより一層

ノスタルジック・・・

Img_6169 

昔おばあちゃんの家にあったカマドで

「身代わりおくどさん」と言って自分を火災から

守ってくれる厄を引き受ける立て看板が・・・

お店の2階には、御宿櫻井があり泊る事もでき

外国の人には人気とか・・・

お部屋はどのようになっているのか

チョット興味ありますPhoto_2

パンケーキ

友人のお宅で「新そば粉」を使って

パンケーキ作り体験

①そば粉とBP、三温糖、塩(一つまみ)

②バターを湯煎しとかす

③①に割ほぐした卵と牛乳、②を入れとろとろに

 なるまで混ぜあわせます

④フライパンで焼いて出来上がり

Img_6271 

そば粉の香りが香ばしく、彼女手作りの

りんごとフィグ(乾燥イチジクをワイン、お砂糖等)で

煮たもの、を載せて頂きました

サラダはキャロットサラダナッツ(クルミ)載せ

Img_6273 

BGMCd は「優しい時間」 Photo_2 を聞きながら

とても優雅Photo_3 な一時となりました

Img_6275

次回は何を教えて頂こうかな~

お誕生日

昨日は主人のお誕生日でした

本人いわく「もう祝ってもらっても、嬉しくは

ない年齢になつた

妻「う~ん・・・でもお祝い事

多い方が楽しいヨ

今年も質素に

まずは、シャンパンで乾杯Photo_5

Img_6298

イタリア産ロゼットスプマンテドルチェ

(大人の甘口

Img_6308_2

奥さんは、蕾亭のお寿司トロタク食べたかったのに

旦那さん「今日はちらし寿司でいい

トロタクは、来月のお楽しみ

Img_6296

Photo_2 は北菓楼の焼き立てバームクーヘン

これって、ありなんか質素・・・

写真も半分投げやりの感ありあり・・・

でも、しっとりしていて美味しかったです

Img_6306

主人へのプレゼント

4℃のホワイトテディベアーセット

(小さいPhoto_3 はストラップ)

可憐に咲く?

11月も下旬になろうかというのに

我が家のベランダでは、来春に向けての

寄せ植えのビオラが寒さにも負けず

満開状態Photo

Img_6268

家の中では今は亡き母の思い出の花となった

シャコバサボテン(多年草)冬場クリスマス頃に

咲くので「クリスマスカクタス」とも呼ばれています

カクタスとは、サボテンと言う意味だそうです

Img_6257

いつもの年はベランダから暖かいの中に入れると

蕾がポロポロ落ちて花芽少なくなるのに

今年は蕾落ちる事もなく咲くのでは・・・

Img_6260

先日ロッテ優勝日本一Photo_3 のプレゼントに応募

して、オフホワイトPhoto_2 のミニバラを頂きましたRose03gif

バラと言えばベランダのプランターの中で

Img_6263

寒風に耐えながら咲いています

(けなげ~けなげ~)

そろそろゴールドクレスト(針葉樹=コニファー)

の季節Photo_4 かしら

Img_6269

Photo_5

イタリアンジェラード

久々に小樽へ

札幌から小樽へ向かう旧国道5号線ぞいに

小樽へ入ってすぐ左手の黄色と白い屋根の建物が

Img_6160 

Photo 小樽市星野町19-11

ジェラード専門店「パスコロ」

パスコロとは、イタリア語で牧場という

意味だそうです

Img_6163 

さすがに11月駐車場はガラ空き

夏場の週末ともなると、駐車場に入るのに

長い列が国道まで続くこともしばしば

今日はゆっくり選べる~

でもこの後から、カップル・家族連れが・・・

人気店であることが、うかがえます。

Img_6157 

この季節はやはり夏場よりアイスの種類は

少なくなりますが・・・

バニラとエスプレッソPhoto_2 をチョイス

どちらも美味しかったのですがエスプレッソ

香りがいい~

お店の中でチョット気になった物発見

Img_6159

中味は何?気になりつつも写真だけ・・・

気になると言うとパスコロの道路挟んで

向かいにスープカレーのお店と

手作り雑貨のお店が・・・

Img_6162

Img_6161

ハナミズキHiroro さん調査お願いします

和づたえ処②

①の答えは、錦織帯Photo_4 の甘味メニューでした

Img_6040

お店一番人気「甘味玉手ぱふえ」を頂きました

(しゅまりあん・きぬてぼあん・抹茶寒天・白玉

抹茶カステラ・抹茶アイスPhoto_5 ・バニラアイスPhoto_6

ごまのチュール添え)

美味しさは言い表すこと出来ませ~ん

とても美味しく頂きました

次回はお抹茶を頂きたいと思ってます

お店の雰囲気は、一言では言い表す事が

出来ませんが、和モダンな感じかな~

(的を得た表現出来ず残念・・・)

Img_6036

白木のテーブルに帯のマットが敷かれていたり

Img_6024_2

小窓からは、中庭が見渡せます

Img_6031

ルイ・ヴィトンのハードトランク大・中・小の上に

九谷焼?の壺が置かれていたり

Img_6034

Img_6044

アンティークなランプスタンドが置かれていたり

見渡すと有田?焼きの小さな小物達が

Img_6043

テーブル、いす、器等は、お向かいの青玄洞さんの

商品が使われいたり、趣ありました。

Img_6037 

赤い椅子に帯をマット代りに

陶器で出来たテディベアPhoto ・レースが入った額

Img_6033 

Img_6049

錦織帯Photo_6 のリサイクルで、ワインホルダー

Img_6021 

Img_6042 

黒留袖Photo_7 で作られたクッションカバー

帯も着物も箪笥の○○にならずにこのように

リサイクルされ喜んでいるのではPhoto_3

思い出の帯、着物Photo_2 が自分の目の付くところに

常にあるって嬉しいかも~

私にとって「MU-Ya」は、癒しの宝箱Photo_4

になりそうな、お店ですPhoto_5

和づたえ処 ①

一見隠れ家的なPhoto のお店発見

Img_6050 

 Photo_2 「和づたえ処MU-Ya」

円山裏参道の住宅街で、知る人ぞ知る

隠れ家的なお店

Img_6028

お店を一歩入ると素敵な振袖着物のタペストリーで

お出迎えこの時点でワァ~素敵

手作りスイーツや、お抹茶等を提供する他

帯、着物、和装小物販売、オリジナルブランド

インテリア雑貨の製造販売

茶道・着付け教室もしています。

Img_6020 

この日は着付教室があり授業を終えられた先生も

ゆったりとして帰られました。

(さすが先生お着物の着こなしが粋

一番に驚いた事は店内にテーブル椅子を

用いる立礼セットが置かれていたこと

Img_6026 

あぁぁ~茶道ってやっぱりいいなぁ~

Photo_3 っていいなぁ~心が落ち着くうぅぅ~

今回はこの辺で次回に続く

Img_6016

予告さてこれは、何でしょうか・・・

知事公館内 彫刻 

雲間の一時、太陽が顔を出したのを見計らい

今年も知事公館へ行ってきました。

数人の家族ずれや、を連れてのお散歩に

最後のPhoto を楽しむかのように、訪れていました。

Img_5883

Img_5871 

世界的な彫刻家・流政之作  

「サキモリ2002」手前・後「サキモリ2000」

長崎県出身で、「サキモリ」は彼独自の空間性

や人間の内面性を表現した作品とか

「う~ん・・・奥が深いかな~・・・」

Img_5878 

Img_5887  

安田侃作 「意心帰」

美唄出身で主にイタリアで活動している彫刻家

公館前庭に緑の芝生のうえに白い大理石で造れた

なんとも柔らかい曲線と量感のある形で、

思わず触れたくなる作品

彼の作品は、お隣の道立美術館にも設置

されています

ごまそば 鶴㐂

寒い日が続くと暖かい汁物が欲しくなりますネ

我が家では土日のお昼は麺類が多く

①お蕎麦、②ラーメン、③うどんの順かな

中でも「ごまそば鶴㐂」へそれも自宅からは遠い

豊平3条店へ

鶴㐂はチェーン店が多数ありますが

ここ3条店は、店主はじめ従業員の方が

元気が良く、いつも私達の行く時間帯には

混んでいて、カウンター席の事も・・・

寒い時などは、お水と一緒にそば茶を出してくれ

また手がすいているときなどには

お蕎麦を食べ終わった後にお茶が出てくることも

気ずかいと、サービスはかな

(混んでいるときは、別・・・)

Img_5953 

季節限定きのこPhoto 天セイロ

ここの天ぷらははいつもカラッと揚がっていて

口に入れるとサックと音がします

Img_5954 

やはり寒い時は温かいお蕎麦ですよネ

五目そばどんこシイタケの味付けたまりません

天かすも必ず付いて来るのもうれしい

ここのは、油っぽさもなくとても美味しく頂けます

モール温泉

天然モール温泉「ゆもーる川北温泉」へ

Img_6105

内部は、さすがに出来ず外観だけ

芽室の川北地区の山裾に建つ小さな

ここ数日の疲れを癒しに朝風呂

施設内には、石鹸、ボディソープ、シャンプー等が

常備されていて、気軽に入浴することが出来ます

露天風呂からの眺めは鳥の声と、

ヒラヒラ舞い落ちる木の葉Photo の共演で、

癒されるPhoto_2 Photo_3Photo_4

 晩秋の晴天 白雲ながれ ははの面影かな

柳月 トスカチーナ

Img_6106

帯広柳月

「カフェレストラン トスカチーナ」

Photo_11 帯広市西18条南5丁目45-2

 0155-38-3966

Img_6107

11月に入るとお店の飾り付けも

クリスマスPhoto_12 バージョンになるのですね

(ポインセチアの造花の赤が印象的

名前の由来は、イタリアトスカーナ地方との

共通点が多く、の産地、も有名とか

青い空や広大な畑の風景は、十勝によく似ている

点にちなんで「トスカチーナ」と名付けたそうです

Img_6128

テーブルに着くのに3・40分待ちでしたので

普段の日でも、とても混んでいるので時間に

余裕を持ってお出かけのなると良いでしょう

Img_6130

ピッザマルゲリータ

Img_6131

温泉卵のカルボナーラ

Img_6132

定番のナポリタン

Img_6133

ナスとモツァレラチーズのミートソース

ボケていてすみません

Img_6134

私がたのんだアマトリチャーナ

トマトソースと厚切りベーコンの組み合わせが

たまりません

パルメザンチーズはテーブルに持ってきた時に

その場でかけてくれます

今回は単品でしたので次回はセットメニューを

美珍楼 西家

中国広東料理 美珍楼西家へ

Img_6103 

 帯広市西19条南2丁目25-9

 0155-33-0030

外見は中国チックな建物ですが、中はモダンな感じ

(店内の撮るひまありませんでした

帯広では老舗の中華店で、本格的(リッチ)

中華店を想像して行かれると

ガッカリするかも・・・

今回のメニュー

Img_6089 

柚子日和ソーダー割

(今年は柚子に凝っています

それぞれの飲み物で「お疲れさま~」

Img_6097 

11月限定(限定物に弱いわ・た・し

赤海老と豆苗のネギ、生姜、にんにく香り油かけ

Img_6091 Img_6090

エビチリ        エビマヨこれは特に

Img_6093 

定番トリのから揚げオイスターソースかけ

鶏が柔らかくて、ソースとまっちしておいしい

Img_6094 Img_6096

マーボー豆腐     かに、レタスいり炒飯

Img_6098 Img_6099

ギョーザ        あんかけ焼きそば

Img_6102 

7種の飲茶セット

Img_6100 Img_6101

デザート名前忘れましたマンゴーサンデー

大人Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_6 Photo_52 Photo_7 Photo_8  総勢9名

お料理が出てくるまでの待ち時間が短く

次から次と運ばれてくるので撮る暇もなく

お料理のコメント考える時間もありませんでした

男性陣は甥子を除いて皆アルコール飲まないため

食事食べるのが早く、食べたらすぐ「帰る

と言うので落ち着かない落ち着かない

女性陣はと言うと姪子をはじめ皆さん嗜む

ので、急ぎつつも味わいながらのディナーでした

もう少しゆっくりと味わいたかったな~by・Photo_9

久々のJR

十数年振りに一人で帯広~札幌間の

列車に乗りました   Photo_8 Photo_9 Photo_10

車両も新しくなり座席もゆったりと

Img_6135

Img_6136

座席の後ろには切符フォルダーが付いていて

疲れからかウトウトPhoto_5 して気がついたら

車掌さんが切符の検印に・・・

切符をフォルダーに戻している所でした

車掌さん一言「ゆっくりお休みください

Img_6141

Img_6142

車内販売で手造りアイスキャラメルカフェPhoto_6

を頂くことに 

Img_6140_2

車内の電光掲示板もPhoto_7 今どこを走っているか

表示してくれ、外が明るい時間帯でしたなら

晩秋の景色を楽しめましたのに・・・(残念

時間も2時間45・6分と3時間を切り

退屈することもなく札幌へ

イチョウ並木

先日北大のイチョウ並木を見てきましたPhoto_4

Img_5897_2 

この日は構内車両交通規制でしたので

自由に好きな場所で撮り放題Photo Photo_2 Photo_3

Img_5907 

ギンナンはさほど落ちてはいませんでした

ここ2・3日の寒さで今は落ち・取り放題かしら

Img_5935 

この日は色々なイベントが模様され

銀杏並木カフェも出店されていて

お茶をのんだり、友人同士水彩画を描いて

いたり、大勢の人で賑わっていました。

Img_5939 

黄色の銀杏に交じり、所々の紅葉が

色鮮やかコントラストを放つていました。

うどん座忘庵

寒い日のランチは、やはりPhoto うどんですネ

Img_6010

Img_6011

●札幌市中央区南2条西23丁目1-8

円山裏参道近くにある讃岐うどん「座忘庵」

本場四国より幹麺を取り寄せているそうです

幹麺なので、腰が少し弱いかな・・・

太さは、私の口には丁度良かったかな・・・

出汁はかなり濃い目(私的には、ショッパ

Img_6009

小雨が降り寒かったので、鉄なべうどんにしました

大きなエビ天・季節の野菜・半熟たまご等が

入っていて体は温まりました。

美味しいうどんPhoto_2 をと思う方には、チョット

がっかり、かな

こちらでは、セットメニューの角煮丼がお薦め

だそうです。

また、中華料理「酔夢瓠堂」があり

中華ランチを食べているお客さんもいました。

次回のお楽しみ

ハロウィン

Img_5995

10月31日はハロウィンでしたネPhoto

日本では、まだまだ馴染が薄いようですが

調べたところ、キリスト教の諸聖人の祝日

「万聖節」11月1日の前夜祭で、

収穫の感謝と、悪魔払いをするお祭りだそうです。

Photo_2 をくりぬいて作るラタン灯をたよりに精霊が

やってくると言われています。

Photo_3 子供たちが仮装して家々を訪ねて

Photo_4 ・お菓子をもらう風習があるそうです。

日本にもこれと似た風習がありますネ

日本文化と一味違うイベントとして楽しむのも

いいかな~Photo_5

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »